ふじみ野ケアセンター|居宅介護支援

居宅介護支援とは

介護保険に関するさまざまな相談や手続きの代行などをケアマネージャーがおこないます。
当ステーションは「介護保険事業」と「障害福祉サービス」の両方の指定を受けています。

介護サービスを利用するためにはどうしたらいいの?

①まずは・・・

居宅介護支援事業所ふじみ野ケアセンターへご相談ください。

②介護認定の申請

介護が必要となり、支援を受けたいときにはまず、要介護(要支援)認定を受ける必要があります。
ご本人やご家族が住んでいる市町村の役所の窓口で「要介護認定」の申請をおこないます。

③認定調査・主治医意見書

市町村職員による調査員、または市との委託契約の基づき、保険者から依頼を受けた指定居宅介護支援事業者などのケアマネージャーが、訪問調査を行います。

④認知・通知

⑤利用サービスの決定

要支援1・2、要介護1~5に認定されたご本人の希望に沿った介護サービスが利用できるように本人およびご家族の生活環境や生活暦、心身の状況を把握し、課題分析します。
利用する介護サービスの種類や支援内容、利用回数を決め、介護サービスの利用計画(ケアプラン)の原案を作成します。

サービス担当者会議の開催

ケアプランを作成する際、原案の段階で担当ケアマネージャーを中心に介護サービスを提供する事業者やサービスに関わる担当者(ヘルパー、ディサービススタッフ、看護師、福祉用具専門員など)利用者本人とその家族、医師などが集まってそれぞれの意見交換や介護スケジュールの調整などを行います。
利用料金などの情報を適正にご本人とご家族に提供し、サービスの選択を求めます。また、計画について本人および家族に対し説明をし、同意を得た上で決定します。

※利用されるサービスごとに、事業者との契約を交わすことになります。

ふじみ野ケアセンター(代表)

TEL:049-267-1104
電話受付時間 8:30~17:30
FAX:049-267-0082

〒356-0004 ふじみ野市上福岡3-3-7
アクセスはこちら

このページの先頭へ